第1回相続対策コラム そもそも相続ってなに?

当事務所では、札幌で活動する弁護士事務所として、相続のトラブルの中でも相続開始後のご相談に注力しています。ただ、未然に防げる争いは防ぐにこしたことはありません。近年、いわゆる終活などで相続対策が注目されているのも、残されたご家族が争いなく平穏無事に暮らせるためのものでしょう。相続対策や未然に争いを防ぐために相続に関するお役立ち情報を発信していきたいと思います。今回は、第一回目として、そもそも相続とは何かについて解説したいと思います。

相続とは

相続とは、ある人が亡くなったときに、その人のすべての財産(権利や義務)を、特定の人が引き継ぐ制度をいいます。
土地や建物、現金や預金のようなプラスの財産だけではなく、借金などの負の財産も引き継ぐことになるのは注意が必要です。
財産を引き継ぐことになる人は、通常は、故人の配偶者や子などの一定の家族関係のある者になります。
相続では、この亡くなった人・相続される人を「被相続人」、財産を相続する人を「相続人」といいます。

相続制度の趣旨

このような相続制度は、どうして存在するのでしょうか。
ひとつは、残された家族を守るための制度と考えられてます。
残された家族が生活に困らないように、亡くなった方の所有していた家やお金を引き継がせ保護するというものです。
もうひとつは、政策的な側面として、亡くなった方の所有していた財産が誰のものかわからなくなることを防ぐために近親者に引き継がせるというものです。
相続に興味のある方は、相続の種類として、単純承認や限定承認、相続放棄などの言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。
誰にも属さない財産を失くしたいという政策的な側面を強調すると単純承認(借金も含めて全て受け継ぐ)という相続形式が最も合致するのですが、残された家族の生活保障という制度趣旨からすれば借金などが多い場合にかえって生活が苦しくなっては本末転倒になるので、限定承認(得た財産の範囲で借金返済等の義務を負う)や相続放棄(相続しない)という形式も法は採用してます。

相続制度の趣旨を理解しておくと、派生する様々な制度や他の用語の理解に役立ちます。

 

関連記事

  1. 第3回相続対策コラム 相続登記の義務化について

PAGE TOP