第4回相続対策コラム 正確に答えられますか?法定相続人と相続分

札幌で活動する相続専門の弁護士事務所として、相続対策などに関するお役立ち情報を発信しております。前回のコラムでは、遺言の有無で相続人が変わること、そして遺言がない場合には、法律で定められた相続人に、法律に則った分配率で相続財産が配分されることになることを解説しました。今回は、具体的に誰が法定相続人になるか、その取り分(相続分)はどうなるのかについて解説したいと思います。

常に相続人となる配偶者

相続される方(被相続人)に配偶者がいる場合には、配偶者は常に相続人となります。
夫が亡くなった場合にはその妻が、妻がなくなった場合にはその夫が相続人となります。
この配偶者は、後述の法定相続人とは異なり、順位関係が存在せず、他に相続人がいても常に相続人となります。

子ども(第一順位の相続人)

相続される被相続人にお子さんがいる場合には、お子さんも相続人になります。
例えば、夫が亡くなり、妻とお子さんがいる場合には、その妻とお子さんが相続人となります。
この場合には、それぞれ相続財産を2分の1ずつ相続することになります。
お子さんが複数人いる場合には、子どもの相続分をその人数で分けることになります。
夫が亡くなり、妻とお子さんが2人の場合ですと、妻が2分の1、お子さんが4分の1ずつとなります。

親や祖父母などの直系尊属(第二順位の相続人)

被相続人にお子さんがいない場合には、直系尊属が相続人となります。直系尊属とは、父母・祖父母など自分より前の世代で、直通する系統の親族のことをいいます。
配偶者と直系尊属が相続人の場合には、相続分は配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。
妻が亡くなり、夫と両親が相続人の場合には、夫が3分の2、父が6分の1、母が6分の1となります。

直系尊属と子どもでは、相続の順位関係があり、子が優先されます。つまり、お子さんがいる場合には、お子さんが相続人となり直系尊属の方は相続人にはならないのです。

兄弟姉妹(第三順位の相続人)

被相続人にお子さんも直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹が相続人になります。
夫が亡くなり、相続人が妻と兄弟姉妹の場合には、妻の相続分が4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1です。

兄弟姉妹は相続の優先順位が一番低いので、子どもも直系尊属もいない場合にのみ相続人となります。

ちなみに兄弟姉妹には遺留分がないのが特徴といえます。

代襲相続

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは、被相続人より先に相続人が亡くなっている場合に、被相続人から見た孫、ひ孫、甥、姪などが相続財産を受け継ぐことをいいます。代襲相続はやや複雑なのですが、直系の子孫が代襲する場合には、どこまでも代襲して相続が起こりますが(再代襲)、傍系(兄弟)では再代襲はしません。つまり甥や姪の子は相続人にはなりません。

また、直系尊属や兄弟姉妹は、被相続人にお子さんと代襲相続人がいない場合にのみ法定相続人となります。亡くなった被相続人のお子さんは既にいなかったとしても、お孫さんがいる場合にはお孫さんが代襲相続することになるので、やはり直系尊属・兄弟姉妹は相続人にはならないのです。

 

PAGE TOP