相続の基礎知識

寄与分

寄与分とは

寄与分とは、相続人の中に、亡くなった方の財産の維持又は増加について特別の貢献をした人がいる場合、他の相続人との公平を図るために、その増加をさせた相続人に対して、相続分以上の財産を取得させる制度です。

【要件】

①共同相続人による寄与行為である
寄与分は、共同相続人についてのみ認められます。単なる友人はもちろん、被相続人の親族であっても相続人でないものに寄与分が認められることはありません。
そのため、遺産を残す方が、共同相続人以外でお世話になった方に財産を分けたい場合には、生前に遺言書を書くことが必要です。

②特別な寄与である
この要件を巡っては、相続人のひとりが被相続人の療養看護を長期間に渡って行っていたなどの場合に、それが「特別の寄与」といえるかという形で問題になることがよくあります。

被相続人と相続人の身分関係に基づいて通常期待されるような程度の貢献は特別な寄与と評価されません。
そのため、妻の家事労働については、一般的に夫婦間の協力扶助の範囲内の行為とされているため、通常は、特別な寄与とは評価されないません。


③寄与と財産増加(又は保護)との因果関係が認められる
特別な寄与によって、相続財産が維持され又は増加したことが必要となります。
そのため、たとえ療養中の被相続人の心理的に寄与していたとしても、このような行為は寄与分の対象外となります。


【手続き】
まず寄与分は、相続人全員の話し合いによって決めます。そのため、通常は、相続人間での話し合い(遺産分割協議)にて決定します。

しかし、話し合いがまとまらないときには、家庭裁判所に対し調停や審判を申立て、寄与分の有無やその額を決めてもらうことになります。

なお、寄与分の審判は、遺産分割の前提問題であるため、遺産分割の審判を申し立てる必要があります。

PAGE TOP