相続の基礎知識

相続財産

相続財産とは

相続人は、原則として、被相続人の財産に関する一切の権利や義務について承継します。
また、原則、相続財産は、被相続人が相続開始時に持っていた財産を基準に判断します。

具体的にどういった財産が相続財産の範囲となるかは、財産の性質によります。


【典型的な相続財産】

〇積極財産(プラスの資産)
 ・現金
 ・預貯金
 ・不動産(土地建物)
 ・株式
 ・有価証券、債権
 ・自動車
 ・貸付金

〇消極財産(マイナスの資産)
 ・借入金
 ・借金
 ・滞納公租公課(未払いの税金)

【原則相続財産に含まれないもの】
・生命保険、傷害保険などの保険金(原則、受取人の固有財産となります。)
・死亡退職金(原則、退職給付者の固有財産となります。)
・賃貸借契約の保証人の地位などの保証債務(債務が具体化されていない場合は、相続性が否定されることがあります。)
・祭祀財産

【税法上、相続財産となるもの(みなし相続財産】
相続財産とならないと判断されるとしても、相続税の関係では、当該財産が相続税の課税対象となる財産があります。典型例は生命保険金があたります。このような財産をみなし相続財産といいます。

PAGE TOP