第147回相続コラム 令和6年3月1日より戸籍の広域交付制度がスタートしました。

本日、令和6年3月1日より戸籍の広域交付制度がスタートしました。相続に関する手続きを行う際には、戸籍謄本等の収集がほぼ必須と言えますが、この戸籍謄本等の収集は、意外と手間のかかる作業です。本日施行された戸籍の広域交付制度 […]

第144回相続コラム 未成年の相続人がいる場合に活用したい相続税の未成年者控除とは

相続税を申告・納付する際には、利用可能な控除制度は利用し、節税を図りたいと思うのが心情です。「第125回相続コラム 配偶者目線で見る相続税-配偶者控除について」で解説した、配偶者控除もそのひとつです。今回のコラムでは、未 […]

第136回相続コラム 相続権が侵害された場合に行使できる相続回復請求権とは何か

本来の相続人が、相続人であると称する人により相続権が侵害されている場合、どのようにしてその侵害を取り除き、自己の権利を回復すればいいのでしょうか。今回のコラムでは、相続人と称する者から真正な相続人が権利を回復するための相 […]

第134回相続コラム 相続人がいない場合に遺産を受け取ることのできる特別縁故者とその受け取る手続き

少子高齢化や生涯未婚率の上昇等に伴い、身寄りのない状態で亡くなる方が増加しているというデータがあります。相続人がいない状態で亡くなると、その方の遺産は最終的に国庫に帰属することになりますが、『特別縁故者』として認められる […]

第131回相続コラム 最新判例からみる遺留分侵害額請求権を行使した相続人と特別寄与料の負担

先月(令和5年10月26日)、最高裁判所において、「遺留分侵害額請求権を行使した相続人が特別寄与料を負担するのか否か」について、判例が示されました。特別寄与料という制度は、令和元年7月1日に施行された改正法で盛り込まれた […]

第126回相続コラム 複数人のご家族が災害や事故に巻き込まれた場合に注意したい同時死亡の推定

複数人のご家族が災害や事故等に巻き込まれてしまった場合、その亡くなった時期の先後関係が不明なケースも多く、誰が誰の相続人となるのか、判断に迷う方も少なくありません。亡くなったご家族間の死亡時期の先後関係が不明な場合、誰が […]

第122回相続コラム 相続人の範囲について間違えやすいポイントを解説

前回のコラムでは、相続分について解説し、相続分を計算するには、誰が相続人となるかをしっかりと把握することが重要というお話しをしました。今回のコラムでは、相続人の範囲について、間違えやすいポイントを解説したいと思います。 […]