faq

よくあるご質問

相続に関しては専門的な問題が数多くあります。
こちらでは、相続に関連して、よく受けるご質問を記載しておりますのでご参考下さい。

相続人に未成年者がいる場合や、認知症の相続人がいる場合は どうやって協議をすればいいですか?

未成年者がいる場合、通常、親権を持つ両親が未成年者の代理人になって、遺産分割を行います。ただし、親権者も相続人になっている場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任して遺産分割協議を行う必要があります。認知症などで意思能力が乏しい相続人がいる場合、家庭裁判所に成年後見人、保佐人、補助人を選任して当該後見人等が遺産分割協議を代行します。

相続・遺言の無料相談実施中!

「遺産分割の問題、相続トラブル、遺言書の作成、成年後見、家族信託など相続、認知症対策などに関わるご相談は、やなだ総合法律事務所にお任せください。

当事務所の弁護士、スタッフが親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
ますは、無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは011-209-1126になります。

また、メールからの予約受付も行っております。お気軽にご相談下さい。」

相続のご相談は当事務所にお任せください

https://yanada-souzoku.jp/wp2/cases/

よくご覧いただくコンテンツ一覧

よくご相談いただくサービスメニュー

  • 遺産分割の交渉に関する報酬

    争いのある遺産分割の
    協議、調停、審判などの交渉全般を頼みたい

    詳細はこちら
    遺産分割協議

    トラブルを回避し遺産分割したい
    遺言書が残されていない

    詳細はこちら
    遺留分侵害額請求

    遺産を公平に分配してほしい
    遺言の内容に不満がある

    詳細はこちら
    遺産分割の交渉に関する報酬

    相続放棄・限定承認手続き
    預金の使い込み返還請求・遺言無効の訴え

    詳細はこちら
    遺産分割の実現

    相続トラブルを回避して
    円満に遺産分割を終える

    詳細はこちら
    家族信託(認知症対策)

    これまでの制度だけでは
    解決できなかった対策が可能な制度

    詳細はこちら

札幌で遺産相続のご相談は、当事務所にお任せください!

相続や遺言について 無料相談受付中!